May 02, 2006

森羅万象

古代、いにしえの歌人の目に超新星が瞬いてから千年の月日が流れました。

今年のGWは、謎の彗星が肉眼で見られるかもしれないそうですね(^^)
天文のプロではありませんが、夜空を見上げる事が大好きなワタクシ…。彗星観測にはぜひ参戦したいと思っています。


実は昨夜も田んぼの真ん中にクルマを止め、コーヒー片手に空を見上げていました。星はあまり見えなかったものの、水を張ったばかりの田んぼに、夜空にとろけてしまいそうな糸の様に細い三日月が映り、その水なもを風が渡って行く様子は古代の歌人でなくても、歌を詠みたくなるくらいに幻想的なものでした

トレカフェに身を置かせてもらってから、『感じる力』がとても敏感になった様に思います…。もしかしたら緑に囲まれたあの場所は、自然の持つ目に見えない力の源流なのかもしれません


yoko


traincafe1 at 23:38│