June 05, 2006

トレカフェの本棚

本棚トレカフェの本棚には、私を含めスタッフが
持ち寄った本や雑誌たちが並んでいます。
最近、買い足したものもありますが、
中には「懐かしいなぁ、いつ頃読んでた本だろ」
って、思わずペラペラめくってしまうものも。

そんな中、ふと目についた一冊の本。

おいしい色えんぴつその昔、伊東屋(銀座、文具専門店)の店頭でやっていた、水彩色エンピツのデモンストレーションに惹かれ、ついつい買ってしまった色エンピツ。筆ペンのような形の水が出てくるペン(これで描いた色エンピツをぼかすと水彩画のようになるというワケです)と、小さなスケッチブックも一緒に買いました。

家に帰って、早速、店頭でお姉さんがやっていたように絵を描いてみたワタシ。しかし、どうにもこうにもお姉さんのようにカワイク描けませんでした・・・(^^;)。そこで次に買ったのが、この本。「おいしい色えんぴつ」。りんごや魚など、順を追って丁寧に色えんぴつでの描き方が書いてある、見てるだけでも描いた気分が味わえる、そんな本です。しかし、、、やはり「気分」だけでは描けませんでした。

それ以来、うちの本棚のすみっこの方で、何年も日の目を見る事がなかったのは言うまでもありません。もちろん、水彩色エンピツ&筆ペンも・・・。



月日が流れ、、、トレカフェにいらっしゃる小さなお客様たちの「絵本」として、新たなる活躍の場を与えられた「おいしい色えんぴつ」。ワタシにとっては、ちょっと恥ずかしい、ちょっと懐かしい一冊です。

misako

traincafe1 at 22:17│