June 12, 2006

贈り物

cb71fbbd.jpg桑の実です

トレカフェへと続く階段脇にある一本の桑の木が今、たくさんの実をつけています。初々しい紅い実がきらきらとした明るさを放っていたのですが、日を追うごとに熟したその実は今、黒よう石のように妖しい光を湛えています。

小鳥達がこの実をお目当てに絶えず行き来していました…枝に留まり、実をついばみ、フンを落とし、そこから新たな芽が出て次の命が育つ。無駄なものは何一つない自然のサイクルに、うなづくばかりです。

単純でいいんですね…

ただいま、テラスの大きい丸テーブルは自然の営みを一番感じる事のできるテーブルとなっております。(ある意味、キケンかもしれません)おおらかに自然を楽しむ事のできるお客様、ぜひ挑戦してみてくださいね




yoko


traincafe1 at 23:02│