July 17, 2006

育む

生まれる前から触れていた命があります。

一年の中で気持ちも世の中も一番にぎやかになり、惜しみつつも未来に何かを探る冬の月に生まれた女の子です。

生まれて初めてトレカフェに来てくれた時から最近まで、命の膨らんでいく様子をかいま見せてもらうたびに、大河を見ているようなじんわり、どっしりとした何とも言えない感覚を与えてくれます。きっと、真っさらなご両親の愛を一心に受け、穏やかに日々を重ねているからなのでしょうね。
私が言うのは生意気ですが、桃ちゃんのお話しをしてくださる時のお二人は、桃ちゃん以上に無垢な感じがしてしまうのです。

人はこうして、誰かに望まれて愛される為に生まれてくるのだなぁ…とカラダの芯から思います。
育つ命の過程の間にほんの少しだけ顔を出せた喜びに、ただただ感謝デス(^-^)




道路なめてる…
味…(゜.゜)


yoko


traincafe1 at 14:20│