November 08, 2006

銀のさかな

a8e77647.jpg月の光りに手をひかれ

海の真ん中一本道

夜の潮風身にまとい

ゆっくりゆっくり歩いてく

風はやっぱり冷たくて


波打つ音もはげしくて


なのになぜ

怖くも寒くもないんだろう

ああ、そうだ

月の光りと思ってた

私の手を引いたのは

あなただったと気がついた

だから安心してたんだ

だから暖かかったんだ

ありがとう

声にならない私の言葉

月夜の海

銀の魚がはねている



先週末の月の美しさは格別でした。今日も透き通るような月夜です。テラスの木々の間から見え隠れする月と差し込む光りは、全てを浄化し人に力を与えてくれそうです。夜テラスの贅沢の一つ。これからどんどん感覚が鋭敏になる季節です。シーンごとの美しさをその目に映してください


カエルしか写っていないカレンダ‐をめくりながら、へらへら笑っていました。金八先生の言葉しか載っていないカレンダーをめくりながら、涙しそうになりました。来年のカレンダー売り場で私は大忙しです
yoko


traincafe1 at 00:29│